板金塗装

サイトマップ

板金塗装の作業はどのように行われる?

青い車

もし自動車に傷や凹みが出来てしまったら、その上にサビなどが出来て悪化してしまわないように、いち早く修理することが望ましいと言われています。その修理方法として代表的なのが、皆さんご存知の板金塗装です。最近の車で多い樹脂製の柔らかいバンパーやスポイラーなどは、修理せずに総取り替えすることが多くなっていますが、やはりフロントやドアなどの金属部分の修理は板金塗装による修理が主流となっています。しかし、この板金塗装はどのようにして車を元通りにしていくのかご存知でしょうか。依頼したことがある方なら、愛車が元通りに帰ってきて驚いた方も多いはず。まるで魔法のようですが、一体どのような作業が行われているでしょうか。まず、板金塗装とは、板金専用のハンマーと当て板というものを使って手作業で行われるものです。これらを使って凹みなどの形を整えていくわけですが、その前に必要なことが脱着作業です。例えばドアならば、板状の金属の他にもドアハンドルもついていたり、様々な付属品が着いています。ハンマーで叩いて作業を行うわけですから、それらをすべて外さなくてはならないのです。そして、作業環境を整えた後、初めて当て板とハンマーを用いて修理を行い、最後に塗装して元通りにします。この作業に特別な機械などは使われておらず、すべて職人の技によって成されているのですから、正に驚くべき技術力と言えるでしょう。

CHOICES

青い車

板金塗装の作業はどのように行われる?

もし自動車に傷や凹みが出来てしまったら、その上にサビなどが出来て悪化してしまわないように、いち…

赤い車

板金塗装業務の流れ

自動車を運転して壁に擦ってしまったり、交通事故で車が変形したりする事を経験したことがある人は多…

黄色い車

自動車の板金塗装について

現代社会において自動車はとても重要かつ便利な交通手段であり、日々沢山の車が道路を走行しています…

TOP