板金塗装

サイトマップ

板金塗装業務の流れ

赤い車

自動車を運転して壁に擦ってしまったり、交通事故で車が変形したりする事を経験したことがある人は多いと思います。そのままにしておくと、錆の原因になり車の寿命を縮めてしまうため、板金塗装をした方が良いです。板金塗装には、板金業務、塗装業務の2つの仕事があります。板金業務とは、車が変形した際に、変形したボディーを元の形に修正する業務です。溶接機など、専用工具を使い、板金を叩いたり、伸ばしたり、交換したりして修理します。時には、溶接をすることもあります。板金業務にも2種類あります。外板板金修正は、車のボディーの外についているパネルを修正することです。車の見える部分であるため、溶接などを使い、見栄えよく仕上げることが重要になります。内板骨格修正は、車の骨格部のねじれやゆがみを修正することです。車の機能に関わることであるため、修正したものによって走行性に支障を与えないことが重要です。塗装業務は、板金業務の後に行います。下地処理をして、塗装する表面を整えます。そして、塗装します。下地処理がうまくできていないと塗料ののりが悪かったり、気泡が入ったりして仕上がりが悪くなります。塗装したあとは、塗料の隙間に入っている気泡で表面がでこぼこになっているところがあるため、磨き、表面を整えます。最後に、最終点検をして板金塗装は終了です。

CHOICES

青い車

板金塗装の作業はどのように行われる?

もし自動車に傷や凹みが出来てしまったら、その上にサビなどが出来て悪化してしまわないように、いち…

赤い車

板金塗装業務の流れ

自動車を運転して壁に擦ってしまったり、交通事故で車が変形したりする事を経験したことがある人は多…

黄色い車

自動車の板金塗装について

現代社会において自動車はとても重要かつ便利な交通手段であり、日々沢山の車が道路を走行しています…

TOP